育毛に悪い食べ物

育毛に悪い食べ物とは

育毛に悪い食べ物とは、
塩辛いもの:血管が悪くなります。
冷たいもの:胃の感覚が鈍って食べすぎにつながります。
ファーストフード:カロリーや塩分が高いものが多い。

 

減塩されたものでも多くを食べれば総摂取量は増えますし、

 

基本的に食べすぎが1番良くありません。

 

またカプサイシン。
詰まり唐辛子はある程度まで食べると、
胃腸での刺激が脳に行って、髪の毛を生える指令が出るそうです。
所が食べすぎて、ピリピリとか刺激が強いと
かえって抜け毛の原因になります。

 

何事もほどほどで偏らないことがいいです。

 

 

インスタントな食事は、身を滅ぼします。
さて、この世界で注目を集めてる健康食があります。
それはいったい何でしょうか?答えは日本食です。

 

昔ながらの日本食は油分が少なく、
動物性タンパク質も控えめで非常に健康的だと言えます。
最近の食生活は欧米中心となり、
動物性タンパク質を摂取することが増えました。
しかし、油分摂取量が以前までと異なりますから日本人の肥満に
貢献してしまっています。これでは問題です。

 

また「醤油」という塩分たっぷりで日本食では少量しか使われない
日本特有の薬味も動物性タンパク質と合うことから、むしろ海外より
アンバランスな食生活となっています。

 

日本人の平均寿命は、これでもかというほど伸びました。
しかし、健康寿命(健康である状態の寿命)は、
長寿命にとても届いていません。これでは日本はおしまいです。

 

まずは、自分の食生活を一週間ほどモニタリングしてみましょう。
そうすれば、どれほど塩分や油分を取り過ぎているか分かります。
美味しいモノは人を幸せにしますが、それで健康や容姿を犠牲にしては
長く幸せでいることはかないません。

 

健康的な見た目は健康的な生活から!