血管によいこと

血管によいこととは

育毛には血管がすべてといっていいほど大切です。
髪の毛は毛根で作られ
毛根は血管から栄養をもらうからです。

 

血管は動脈硬化になったら最後。
修復のやりようがありません。

 

それまでです。

 

まずは、呼吸で血管をよくします。
肺が膨らむ呼吸をすると、肺の毛細血管のところである物質ができて、
その物質は血流に乗って、
血管を少し拡張し、集まろうとする血小板をばらばらにして、血栓を少し取ってくれます。
1分間深呼吸を1日3回。
ただし即効性が合って、血液が流れすぎるようになって調子が悪くなる人がおられるので、
その場合は普通の呼吸に戻しましょう。

 

血管を鍛えます。
血流を落として、その後ざっと流すと、血管の細胞で一酸化窒素が生まれ、
血管が拡張するのと血管が柔らかくなります。
手の場合だと心臓の下でタオルをぎゅっと2分間握り、1分休憩後。もう2分間握ります。
これを3日やって、2日休むのパターンで行って行きます。

 

足の場合はすびれたら、足を伸ばすような感じ。
結局筋肉に力が入ると、血流が落ちるのを利用します。

 

年齢とともに毛細血管が劣化して縮むので、これを復活させます。
足の裏を洗うときにブラシを使いましょう。

 

血液さらさらは、やはりたまねぎ料理が1番ですね。

 

だけど、一番重要なのは健康的な生活を送ること!
早寝早起き朝ごはん。これは広く認められている健康法です。
朝ご飯を抜いた場合、次の食事による血糖値が急激に上昇するためです。

 

睡眠不足は頭皮修復時間を削ります。
運動不足は血流の悪化を伴います。
無理なダイエットはカラダに負担が大きいです。

 

ほとんどの悩みは健康不全から起こります。
健康的であることを意識しましょう。
だけど、ストイックになりすぎないようにね^^