髪の毛が伸びる仕組み

髪の毛が伸びる仕組みとは

髪の毛は植物が伸びるように先のほうが伸びるのではありません。
また傷ついた場合自らの修復能力もないのです。

 

髪の毛はもともと皮膚が変化してできました。

 

髪の毛の元のほうにある毛球というところで作られ、
押し出されてそれが毛幹という髪の毛になっていきます。

 

毛球の中には孟母細胞というものがあって細胞分裂を繰り返して髪の毛になっていきます。

 

この時にメラノサイトという色を作る細胞から
メラニンという色をもらって、
色を付けた髪の毛が誕生します。

 

毛母細胞は、毛乳頭というところから栄養をもらっています。

 

毛乳頭は毛細血管から栄養をもらっているため
血管の状態や流れているものが髪の毛の成長に大きくかかわっています。

 

これらをすべてよくするために
ベルタ育毛剤は有効です。

 

日本人の髪の毛は一般的に欧米の人より太くてまっすぐです。
形状も丸に近いですね。

 

 

さて、髪の毛の役割とは何でしょうか?
答えはズバリ「頭を守ること」です。