頭皮

頭皮とは

頭皮は髪の毛が生えているので見えにくいですが
全身の皮膚と同じ構造になっています。

 

よって一般の皮膚と同じように基本的に3層の構造になっています。
一番上が表皮というものですね。
その下に、真皮、皮下組織があります。

 

これらは生まれた時から遺伝などでほぼ決まっていますが
シャンプーのやりすぎなどで徐々に厚みが薄くなってきている人が多いです。

 

厚みが薄くなると生えてくる髪の毛の太さも徐々に細くなります。

 

ふけは表皮が剥がれ落ちていくもので、常時はがれていかないので固まって見えます。
日差しが強いときに出かけて、剥がれるのは体の他の部分と同じですね。
ちょっとやけど状態。日焼けに近いかもしれません。

 

皮膚なのでしっとりとしていて、
バリアの機能があるのが一番良いです。

 

頭皮のためには優しいシャンプーを使うのは当然ですし、
頭皮の状態を整えてくれるベルタ育毛剤は有効です。

 

 

==========
さて、薄毛の多い原因は
==========

 

女性の場合、一番多い理由は「頭皮環境の悪さ」です。
頭皮の状態が悪いので、髪が抜けやすくなったり新しい毛が生えにくいのです。

 

なぜ、女性は頭皮が荒れやすいのか。
女性の場合、男性と比べて髪は細かったり柔らかかったりします。(平均)
なので、頭皮環境である毛細血管の異常が髪に現れやすいのです。

 

「ホルモンバランスの乱れ」も大きな要因。
女性は人生の境目に、ホルモンバランスの乱れが多く見られます。
ホルモンというのは、体を構成するために作られている物質で、非常に重要です。
女性にホルモン注射をするだけでヒゲが生えたりする位です。

 

そのホルモンは出産時や閉経時に大きくバランスが乱れます。
女性ホルモンは子宮で作られているため、変化が大きいのも頷けます。
女性ホルモンは血液に乗り、様々な場所へ送られていきます。
女性ホルモンが髪に与える影響は「抜けにくい」と「柔らかい」です。

 

ゆえに、産後に妊娠中に増えた女性ホルモンが正常値に戻る際に髪が抜けたり、
閉経時に女性ホルモンと男性ホルモンの割合が変化し髪に影響が出るのです。